仮性包茎のデメリット

包茎かどうかの区別は、亀頭が普段から露出しているかいないかということです。真性包茎やカントン包茎は別として、日本人に最も多いと言われている仮性包茎は、常に亀頭が露出しているということではなく、亀頭が守られているため、刺激に対して非常に敏感になっています。そのため性行為で刺激が与えられると、包茎の人は早漏になる可能性が高くなります。包茎で亀頭が普段露出していない場合は早漏になる以外にも良くないことが多くなります。包茎の人はどうしても見た目を気にする人が多く、気持ち的にも包茎の人は積極的になれなくて、消極的になってしまう傾向にあり、これらが仮性包茎のデメリットになります。
しかし仮性包茎の場合は、勃起時には亀頭が完全に露出して女性との性行為にも影響がなく、女性からみれば男性よりも見た目を気にしていないという人が多いので、それほどナーバスになる必要はありません。ただ亀頭が普段露出されていないとなるとどうしても不衛生になる可能性が高く、感染症などのリスクが高くなることも否定できないので、包茎の人はそうでない人よりも普段からできるだけ意識的にペニスをきれいにするようにしなければいけません。
このように包茎のデメリットを気にするのであれば、早めに手術をして全ての悩みを解消することをおすすめします。