保険の適用

ある程度の年齢になっても包茎のままであれば、男性の多くは包茎手術を考えたことがあると思います。しかし実際に手術にはなかなか簡単には踏み切れないもので、ようやく手術を決意しても、今度は手術にかかる費用というのが包茎手術の大きな壁になります。しかしこの壁はそれほど厚くない場合が多く、包茎手術をする時には保険が効くケースが多くあります。保険が効く場合には、わずかな費用で手術を受けられるようになります。
手術で保険が効くのは、包茎のために日常生活を送るのが困難な場合で、包茎には仮性包茎の他にも真性包茎とカントン包茎があり、主に真性包茎とカントン包茎の場合には保険が適用になる場合がほとんどです。これらの包茎の場合には常に亀頭に皮が被っていて、亀頭を簡単には露出できないため、性行為を行うことが困難となることが認められることになり保険が適用されます。
しかしいくら保険が効くと言っても美容整形の場合には保険が適用されないので、保険適用で手術を受ける時には、泌尿器科のある一般の病院を選ぶようにして下さい。仮性包茎ではなく深刻な包茎の場合には、精神的な悩みことばかりではなく、肉体的にも悪影響を及ぼすことになるので、できるだけ早く手術を受けることをおすすめします。